英語って楽しいね

英語を楽しく使えるようになるまで頑張る話

英語学習 『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を始める

   

 

≪英語学習≫

★1/10

☆『ミミテック』で英作文

CD1-Lesson1の復習。

左のページ14文の内 今日も3忘れていました。

右のページの14文の内 今日は8忘れていました。

*なかなか定着しません。

でも惜しいところが いくつもあったので少しずつ覚えているのだとは思います。

 

☆『ミミテック』でテキストを見ながらヒアリング

CD3を3回

CD4を4回

 

 

☆『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』で英作文

待望のこの本が遂に手元に来ました。

トレーニングの方法はサイトで何度も読みましたが改めて本で確認しました。

そしていよいよトレーニングです。

 


 

左ページに日本文が10文あります。

それを素早く口頭で英文にするトレーニングです。

凄く簡単な文ですが いざ英文にと思ったらスラスラ出て来ません。

 

10秒以内で分からなければ右ページの英文を見て覚えるとうことです。

一応10秒以内で英作文しましたが間違ってるところもありました。

こんなに簡単なのに理解出来ていなかったんですね。

 

ここに書くのも恥ずかしいけれど『こんなに分からなかったのに分かるようになった』という記録のためにブログを書いているので正直に書きます。

 

①『あれは面白い本ですか?』

Is that an interesting book?

 

②『あの本は面白いですか?』

Is that book interesting?

 

*①の場合は interestinngの前にanが付いて

②の場合はanが付かないんですね。

 

『a』は『本』にかかっているので②のように『あの本』とか『この本』という場合は『あの』とか『この』が『a』の役割をしているのだと思いました。

 

ということは

He is a good doctor.

The doctor is good.

と思って翻訳機能を使ってみると

 

That doctor is goood.

となりました。

 

*ここでまた疑問が

The と That の違いを調べました。

①Theは話し手も相手も知っているものに付ける。

②Thatは話し手から遠いものに付ける。

 

『その書類にサインする』時は『sign the paper.』なんですね。

手元にあるので『the』ということです。

 

じゃあ『その医者』というのが目の前にいたら『The』で遠い所に居たら『That』ってことですね。

 

*少しずつ知識が増えて嬉しいです。

 - 英語学習記録