英語って楽しいね

英語を楽しく使えるようになるまで頑張る話

Funny name hospital. You too, Brutus?

   


Funny name hospital.

今日の日記は『可笑しな名前の病院』の紹介です。

Ehime prefectural government and general public named many things “Bocchan”.

There are “Bocchan Theater”, “Bocchan Electric Power”, “Bocchan Stadium”, and “Bocchan Dumpling”etc…..

“Bocchan” is a novel written by writer Natsume Soseki.

My daughter said, “Matsuyama city relies too much on ‘Bocchan’.”

 

By the way, there is a hospital whose owner has changed.

Originally named “NTT West Japan Matsuyama Hospital”

I was surprised at the new name of the hospital, “Matsuyama Madonna Hospital”

“Madonnna” is the heroine of the novel “Bocchan”

I instinctively muttered, “You too, Brutus.”

 

 

日本語文(私の言いたかったこと)

愛媛県や県民も沢山の物に『坊ちゃん』と命名しています。

『坊ちゃん劇場』『坊ちゃん電力』『坊ちゃんスタジアム』『坊ちゃん団子』などなど・・・。

『坊ちゃん』は夏目漱石の小説『坊ちゃん』の主人公の事です。

私の娘は「松山市は『坊ちゃん』に頼り過ぎ。」と言っています。

 

ところで経営者が代わった病院があります。

元の名前は『NTT西日本松山病院』でした。

私は新しくなった看板『松山まどんな病院』を見て驚きました。

『まどんな』は、小説『坊ちゃん』に登場するヒロインです。

私は思わず「ブルータス、お前もか」と呟きました。

 

(おまけの話)

その後、私の地元の友達が松山に遊びに来た時のこと。

この病院の看板を見て

「え~っ?『どんな病院』って。」と笑ってしまって。

私は「いやいや『どんな病院』じゃなくて『まどんな病院』よ。小説『坊ちゃん』のあの『マドンナ』よ。」と説明しました。

『まどんな病院』も変わった病院名だと思うけど『どんな病院』って。

本当に「どんな病院なのよ」((´∀`))

 

英作文をして英語の理解を深めようと頑張っています。

でもこれで合っているのか分からないので、「ここは違うよ。」とか「ここはこういう風に英作文した方が良いのに。」と思われた方、是非コメントで教えてください。

宜しくお願いします。

 - english diary