英語って楽しいね

英語を楽しく使えるようになるまで頑張る話

thoughとalthoughの違い&I was surprised today

   


今日はthoughalthoughの違いについて書きます。

そして今日の日記は “I was surprised today”です。

 

『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』の中の例文です。

Though she was very tired, …………………..

(とても疲れていたけれど彼女は・・・・・。)

Although it was very late, ………………………

(とても遅かったけれど、彼女は・・・・・。)

 

※どちらも『~けれど』と訳しています。

ふたつの違いを調べました。

Though=くだけた話し方・文頭でも使うが文末でも使う。

Although=改まった言い方・文頭で使う。

 

<文頭の解釈>

I didn’t feel comfortable, although  / Though I didn’t say so at the time.

GabaStyle より

, 』の後の文の頭も文頭という事が分かりました。

 

 

次は日記です

・I was very surprised today.

When I go out of the entrance of the mansion, I saw a little boy sitting alone on the child’s seat on the bicycle.

He looks three or four years old.

When he saw me, he quickly hid his face with small hands.

There is no one around.

 

There is no big street, but it faces the road.

A little boy is waiting alone in such a place.

Perhaps after riding her son on a bicycle, his mother returned home to pick up her forgotten items.

She has a big risk, with her bicycle falling and her son being kidnapped.

As his mother came back, I go out with peace of mind.




日本語文(私の言いたかったこと)

今日とても驚いたことが有りました。

外出時にマンションのエントランスを出ると、駐輪場の自転車の後ろの幼児シートに幼児が独りで座っていました。

3.4歳くらいの男の子です。

こちらを見ていた男の子は私の顔を見ると急いで顔を隠しました。

『いないいないばあ』のように小さな両手で顔を覆いました。

周りには誰もいません。

大通りではありませんが道路に面した駐輪場にこんな小さな子が独りで大人しく待っているなんて。

おそらく保護者は男の子を自転車に乗せてから忘れ物に気づいて部屋に戻ったのでしょう。

でも自転車が倒れて怪我したり誘拐されるかも知れないのにリスクが大き過ぎます。

お節介ながら離れたところで見守っていたらママが戻って来たので、私は安心して出かけました。

でも本当に驚きました。



 - english diary