英語って楽しいね

英語を楽しく使えるようになるまで頑張る話

英語学習記録 mustは義務&推量 mayは許可&推量 have toとmustの違い

   

<英語学習記録>

★5/21

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(part2)

⑪ must / may

※must

❶~~しなければならない(義務)

 

*you must do your homework today.

(あなたは宿題を今日しなければいけません。)

 

*You mustn’t watch TV all day.

(一日中テレビを見てはいけません。)

 

 

❷~~に違いない(推量)

※❷の例文(この本にはなかったので他のサイトより)

*He must be busy.

(彼は忙しいに違いない。)

 

 

※may

❶~~しても良い(許可)

 

*May I eat this bread?  ー Yes,you may.

(このパンを食べても良いですか? - はい、いいですよ。)

 

※May I で訊かれたら

Yes,you may.

No, you may not. で答える。

 

*You may swim in this lake

(君はこの湖で泳いでも良いですよ。)

 


 

 

❷~~かも知れない(推量)

❷の例文(この本にはなかったので他のサイトより)

*She may not  be from Osaka.

(彼女は大阪出身ではないかも知れない。)

 

※must / may

10個の例文で分からないところはありませんでした。

でもスラスラ言えるまで何度も繰り返さないといけません。

 

 

⑫have to

mustと ほぼ同じ意味ですが 微妙な違いは この本に書かれていません。

そこで調べてみました。

中学校英語学習サイト

それによると

must=話し手の命令の意味

have to=必要性の意味が強い

 

※否定文では意味の違いを明確に

*You mustn’t watch TV.

(あなたはTVを見てはいけない。)

 

*You don’t have to study so hard.

(あなたはそんなに熱心に勉強しなくても良い。)

 

※肯定文ではあまり違いを意識する必要はないということ。

それなら肯定文では どちらでも良いってことでしょうか?

これも多くの文を読んで感覚で覚えていくしかないのでしょうか。

 

*He has to wash three cars.

(彼は車を3台洗わなくてはならない。)

※洗うように命令されたわけではなくて自ら洗わなくてはいけないと思ったってことでしょうか。

 

 

*She didn’t have to wash the dishes.

(彼女は皿を洗わないでも良かった。)

 

じゃぁ「洗ってはいけなかった」なら mustを使うのかなと思ったけれど違ってました。

 

google翻訳すると「洗ってはいけない」は

She should not wash the dishes.になりました。

 

※何だか難しいです。

このブログ『英語って楽しいね』というのは『いつか楽しいと言えるようになりたい』という願望です。

英語を楽に使えるようになって楽しいと思える日が来ることを信じてます。

 

 - 英語学習記録