英語って楽しいね

英語を楽しく使えるようになるまで頑張る話

英語学習記録 一般動詞のSVC / SVO+ to(for)の使い分けが難しい

   

<英語学習記録>

★5/11

英語学習記録 どんどん話すための瞬間英作文トレーニング(part2)

④一般動詞のSVC

*She looked very beautiful in the dress.

(彼女は そのドレスを着てとても綺麗に見えた。)

※『in the dress』となると『look』が『~のように見える』の意味になるんですね。

 

『in』がない場合

*She looked very beautiful the dress.

(彼女は美しいドレスを見た。)

※全く別の意味になります。

 

 

*Your mother looks young.

(あなたのお母さんは若く見える。)

※『young』だから『若く見える』なんですね。

 

それなら『young man』ならとGoogle翻訳すると

(あなたのお母さんは若い男に見える。)

 

『the young man.』なら

(あなたのお母さんは若い男を見る。)

 

※『the』が付くのと付かないのでは全然違うんですね。

『the』は 人や物を特定するというけれど こういう事なんだなと思いました。

 

 


 

*When do the leaves turn yellow?

(木の葉はいつ黄色くなりますか?)

 

※何で『do』なのかな?

『become』じゃないのかな?と思ってGoogle翻訳すると

 

*When become the leaves turn yellow?

(葉になると黄色に変わる?)

※支離滅裂な文になりました。

 

******************************

 

⑤SVO+to(for)

 

*My father gave an old dictionary to me.

(お父さんは古い辞書を僕にくれた。)

 

*She made a pretty doll for her sister.

(彼女は妹に可愛い人形を作ってあげた。)

 


 

※私は現在『to』と『for』の使い分けを難しく感じています。

この本のワンポイントアドバイスには こう書かれていました。

 

『to』=『与える』『見せる』『手紙を書く』など受け手を前提とする動詞

『for』=『作る』『料理をする』など必ずしも受け手が必要でなく『(わざわざ)~のために』という意味合いの時

 

 

※この説明 私には分かりません(>_<)

『与える』は『わざわざ~のために与える』のではないのかな??

『作る』とか『料理をする』などのように手間が掛かっていないから『わざわざ』ではないということ?

 

それなら『手紙を書く』なら手間が掛かっているけれど それでも『to』なんですね。

望まれて書いたなら『for』なのかな??

イラストを頼まれて描いたなら『for』なのかな?

 

 

何回もワンポイントアドバイスを読んでいたら少し分かったような気がします。

『作る』『料理をする』という動詞は『誰に』が無くても成り立つけれど

『与える』『見せる』『手紙を書く』は相手が必要だという事ですね。

 

取りあえず例文10個を丸暗記して覚えます。

 

 - 英語学習記録